2016.1.21 2016.1.27

Instagram でリアルタイム画像検索

Instagram でリアルタイム画像検索

Instagram はご存知ですね。写真・動画に特化したSNSです。無料です。普段は自分が撮影した写真や動画をアップして、いいねを付けてもらったり、好きなものの写真をたくさんアップしているユーザさんをフォローして、タイムライン上をにぎやかにしたり、いろんな場面で活躍するアプリだと思います。

Instagram は立派な検索ツール。しかもリアルタイムで

タイムラインで最近の写真から並ぶ特徴を活かす

Instagram の特徴ですが、タイムライン上にもっとも最近にアップされた写真が並びます。何秒前、何分前、何時間前、何日前というような、時間の記録も表示されます。リロードすると、最新のアップされた投稿から見ることができるので、これを利用します。

次に #(ハッシュタグ)とロケーションを使う

写真をアップするときに、キャプションやコメントを入力することができます。そのキャプションやコメント内に #tokyo #東京 という形でハッシュタグを入れます。皆さんもツイッターとかでハッシュタグを入れてツイートするのと同じ要領です。そうすると、同じハッシュタグでアップされた写真がグループとなりくくられます。

さらに、ロケーションを設定することができます。写真を撮ってその場でアップするとき、手動ですが追加できます。GPSを利用して該当するロケーション候補が見つかり、該当するロケーションを選びます。アップすると同じロケーションでアップされた写真がグループとなりくくられます。

組み合わせて検索する。それがリアルタイム画像検索

Googleで検索するよりも、内容を視覚に訴えてくるので、より印象に残りやすいのではないかと、個人的な感覚として持っています。

どういうときに使えるか

これから出かける場所の参考情報として

2週間後にフィンランド・ヘルシンキに旅行するとします。ヘルシンキの情報は、ガイドブックなどで調べることができますが、あくまでも参考値です。厚着したほうがいいのか、雪は積もっていないかとかをそのガイドブックから知ることはできません。この時に Instagram によるリアルタイム画像検索を駆使します。#ヘルシンキ #helsinki のハッシュタグで写真を検索します。
#ヘルシンキ と検索すれば、今現在ヘルシンキに旅行している日本人、もしくは住んでいる日本人が写真を投稿している確率が高まりますし、検索時に使用するハッシュタグで投稿された写真数が表示されるので、そのボリュームも一つの指標になります。

結果として表示される写真を見れば一目瞭然です。雪は積もっていないけど、現地の人はあったかそうな格好をしているから、それに近しい服装を準備しておくべきだなぁ。と今の時点での現地の参考情報をゲットすることができます。

美味しい店、その店の人気メニューが知れることもある

ふと、うまいラーメンが食べたくなったとします。食べログやぐるなびで近所のラーメン屋さんを検索し、星が3.5だったから、その店に行ってみようかな。という検索方法が一般的ではありますが、 Instagram では、より運命的なラーメンとの出会いをすることができます。さぁ、まずは Instagram で #ラーメン でもしくは、場所検索でラーメンと検索しましょう。

ハッシュタグでの検索ならば、基本ラーメンの写真がずらりと並びます。まずここで飯テロが発生。ラーメンの画像がずらりと並ぶので、気になったラーメンの写真を開いて、近所だったBINGO!!!です。

ロケーション検索ならば、現在地から近い投稿のあったラーメン店が表示されます。ラーメン店をチョイスして、投稿された写真を見ます。お気に召せばそのお店に行くもよし、あまり刺さらなければ、結果に出た別のラーメン店の写真をみて、決めるという流れです。

写真や動画をただ投稿するだけではない、少し切り口を変えての Instagram の活用方法も、是非使ってみてください。

まとめ

  • 写真や動画を投稿するのがメインだが、その場所の最新情報を知るにはもってこい。
  • 言葉を読むのではなく、見るだけなので、印象と理解は圧倒的に速い(と思う)。
  • 最後、ラーメンのことで記事を作成していたので、お腹が空いた。
 

カテゴリ : App

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.