2018.6.14

初めての釜山 2泊3日 マイル消化のグルメ旅(1日目・釜山到着)

初めての釜山 6月9日(土)〜6月11日(月)までの3日間でいってきました。何度もなんどもこのブログでは行くぞ行くぞと告知していたので、驚きはないですけど。

今回は 初めての釜山 ということで、ベタですが釜山の美味しいものを食べられるだけ食べる旅という目的で行ってきました。

2018.6.9 JAL957便 成田→釜山

今回はJALのマイル消化のこともあって、JALの特典航空券で今回は釜山に行きます。航空券の費用はかかっていません。

初めての釜山 2泊3日 マイル消化のグルメ旅(1日目・釜山到着)

JL957便 10:50成田発ほぼ定刻通りに離陸。機内は満席ではなく、多少空席があるという感じ。我々も3列を2人で広く使えることができました。映画見て、機内食を食べ、のんびりとした2時間のフライト。到着もほぼ定刻通り13時ごろに釜山に到着しました。

初めての釜山 到着。ホテルに移動

釜山到着と同時にハングル文字の連続。全く読めないので、結構苦痛立ったりします。少しは言葉を理解したいですが、超短期ではなかなか難しいですね。

預け入れた荷物はなかったので、イミグレを通過後はスピーディに到着フロア移動できました。

ホテルまでは電車で移動しました

釜山・金海国際空港からは電車を乗り継いでホテルのある南浦洞(ナンポドン)に向かいます。最初はゆりかもめみたいな金海軽電鉄に乗って、1回目の乗り換え。次は地下鉄2号線で西面(ソミョン)駅まで移動、2海目の乗り換えで地下鉄1号線に乗り換えて、南浦駅でおりました。

駅からホテルまでは歩いて5分くらいでしたが、地下街が発達しているので、地下を歩いても飽きませんし、地上に出ても韓国第2の都市感を感じながら歩くことができます。空港からホテルまでは1時間かからなかったくらいです。

ホテルにチェックインして散策

今回宿泊したホテルは、ホテル フォーレ プレミア ナンポ(Hotel Foret Premier Nampo)。agodaで予約しました。

部屋も清潔で広くてよかったです。レセプションの人たちも日本語は上手。日常会話では困らないほど、質問への受け答えも日本語でやってくれたので、すごく嬉しかったです。

無事チェックインを完了して、ホテルに荷物を置いて小休憩を挟んでさっそく、釜山の街を散策します。

南浦洞で両替

散策するも何もまずはウォンに両替をしなければ何事も始まりません。両替所を探します。

すぐ見つかると思っているとなかなか見つからないもので、15分くらいうろうろしてやっと見つけました。レート的には10,000円が97,500ウォンになる感じ。いいのか悪いのか判断するのも面倒くさかったので、そのまま2万円分両替しました。これでとりあえず一安心です。

韓国の場合だと、けっこう屋台で食べ歩きをすることが多いので、何かと現金でのやりとりが多くなります。たくさん現金を持ち歩久野はリスクなので、1~2万円程度はウォンにして持っておくべきかなと思います。

釜山最初の食べ物はホットドッグ

さぁ、お金を持った観光客に勝るものなしと言わんばかりに食べる気がスタートします。

まず1件目は韓国のホットドックと呼ばれているものをいただきました。ここで言葉の壁を痛感。店員さんは多少日本が喋れるのがわかったので一安心でしたが、メニューがわからない。

絵で描いてあっても確証がない。とりあえずチーズ入ってるんだろうなというかんじでオーダー。オーダーしてから揚げてくれるスタイル。数分待って、はいどうぞ。

見た目はアメリカンドックそのもの。日本のコンビニとかで売っているものと大きく違うのが、表面に砂糖をまぶして食べること。甘ったるくなってしまうのではないかと思いきやそれがちょうどいい甘さ。

それにかけるものも、ケチャップやマスタードが一般的ですが、スイートチリが美味しいよとオススメしてくれたので、それにならってスイートチリをかけました。

中にはチーズとソーセージは入っていました。マジうまい。これは日本でも流行るべき食べ物だと思います。調べると新大久保にも店舗があるとかないとかなので、今度行ってみようと思います。

時間的にちょうどおやつのタイミングだったのですが、いい食事になりました。美味しかったです。しかもこれで2,000ウォンとかなので、安くてボリュームあっておいしいという好条件だと思います。

カフェで休憩

そのまま、国際市場を散策したり、BIFF広場を散策・買い物をして、日本からの移動の疲れもあって、かつ天気が良くて喉が渇いたので、韓国ならお馴染みのHORRYS COFFEEで休憩。休憩がてら、今日の晩ごはんを何にするか決めます。

釜山は特に、カフェが多いです。歩けば視界のどこかにカフェが数件入ってくるという感じ。歩いている人もドリンク片手に歩いたり、お店の中も結構人が入っている感じ。コーヒー党でカフェ大好きな私にとってみれば、カフェだけで1日過ごせてしまう勢いです。

スマホショップも多い

カフェと同じく多いのが、スマホショップ。こちらもカフェの多さに引けを取らないほどの多さ。コンビニ感覚でスマホショップに入ってんじゃないのか?と思ってしまうくらい、いたるところにありました。

SAMSUNGやLGといった、韓国ブランドのスマートフォンの取り扱いが多いです。日本未発売の機種もあったんじゃないでしょうか。そういうのはガジェット好きにとってみたら、たまらないんです。安く買えたりするのかなと思いましたが、日本と相場観は変わらないかなという印象です。

2食目はサムギョプサルとモクサルで晩ごはん

HORRYS COFFEEで休憩がてら、晩ごはんどうしようかというプチ会議。釜山は海に面した港町でもあるので、当然魚介類の食事に持っていくことも可能でしたが、とりあえず肉食べようということで、サムギョプサルを軸に考えていきます。ネットを見たり、ホテルに無料で置いてあったガイドをみたりして探します。

サムギョプサルは日本でも馴染み深くて有名ですが、私は初めて聞いたモクサルも美味しいというのを見つけ、それが食べられるお店を探すことに。ちなみにモクサルは「首の肉」ということだそうです。

美味しいモクサルがあるという狙っていたお店が、HORRYS COFFEEから歩いてすぐのところにあるとわかったので、晩ごはんはサムギョプサルとモクサルで決定。

時刻は17時を回ったばかり。まだ晩飯時からは少し早いですが、混雑する前に食べてしまうのと、屋台や夜市が周辺にあるので、それのことも考慮しつつ、早めの晩御飯となりました。

お店の名前は「マッチャントゥルワンソグムクイ(맛찬들왕소금구이)」。観光客もいますが、地元の人もひっきりなしに入ってくるので、ハズレではないことを確信。

肉を見て驚愕。分厚いんですね。サムギョプサルの三枚肉も厚い。店員さんが焼いて切ってくれるのって本当、
お客として嬉しい限りです。焦がすリスクもないし、美味しいタイミングでGOサイン出してくれるので、最高の状態で食べることができますね。あと楽だよね。

味の方は最高でした。いい脂の旨味を感じることができて、肉のトッピングついていた、小エビのペーストのようなものをつけると、さらに味に深まりが出て美味しさ倍増といったところですね。

追加のお肉もオーダーできる余裕はありましたが、夜になってからのことも考えて、ストップ。ちょうどいい感じにお腹が満たされました。

一旦ここで休憩です。

早朝から動いて、それなりに移動もあったので、日が暮れる前にクタクタになってしまったことと、お腹が満たされたので、体が消化モードに突入。ここで無理せず、一度ホテルに戻って昼寝をすることにしました。

まだ、初日は終わっていませんが、次は1日目の夜、屋台や夜市へ出歩きます!

あまり写真を撮っていないので、文字情報ばかりになってしまいますが、あしからず。

 

カテゴリ : 旅行

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.