2016.7.22

Pokemon GO がついに来た!

Pokemon GO がついに来た!

Pokemon GO が7月22日の午前中にアプリストアからダウンロードできるようになりましたね。iOSはこちら Androidはこちら もうPokemon GOの説明はいらないと思います!私はポケモンのアニメ・ゲーム(赤・緑・青)の直撃世代ですので、今後 Pokemon Go をやるやらないいずれにせよ楽しみに待っていました。

Pokemon GO を早速インストールしました

仕事で打合せの為、外出しており、それが終わったタイミングで、LINEニュースの速報を確認。打合せ終了直後に、担当の方を交えて、「Pokemon GO 配信されましたよ」と言ってしまいました。さっそくApp StoreからPokemon GOで検索をして、インストールです。ダウンロードした時間は、11時すぎでしたが、特に接続されないとか、インストールが終わらないということもなくすんなりと、私のiPhoneにPokemon GOが入りました。

Pokemon GO 起動から使ってみてのレビュー

インストールが終われば、さっそく起動。ちょっと怖いですが、Googleの認証でログイン。さくっと完了。
次にキャラクターの設定をします。各パーツ選ぶことができるようですが、速くその先に進みたかったので、ほぼそのままの状態で完了。
そうすると、いきなりポケモン登場!!フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメが拡張現実(AR)として現れました。私はフシギダネを選択。そこからはモンスターボールをAR上のフシギダネにスワイプして捕まえます。捕まるときの動作は、ゲームと同じで。3回くらいビクピクと動いて「ゲットだぜ!」という流れ。30までもう1年といういい大人がはしゃぎました。

ずっとAR上での表示ではなく、GPSと連動したPokemon GOに彩られたマップ上をキャラクターが移動(リアルの人間も移動)します。各土地の名所やお店がアイテムのスポットになっているので、そこの半径いくらかというところに入れば、アイテムをゲットできるというわけです。外出先から会社まで戻る間に、7体のポケモンをゲットしました。電車移動中も起動していましたが、移動速度が速いので、突然現れるポケモンに若干テンパります。あと、電車内マナーには十分気を付けるべきです。

やっぱりバッテリー消費が激しい

Pokemon GOを起動して、その場にじっとしているだけでも、iPhoneは暖かくなります。バッテリー消費も移動の15分くらいで、75%だったのが半分以下まで消費されました。GPSを常に起動しているのと、ポケモンを捕まえるときのARによってバッテリー消費が激しくなっていることに間違いありません。課題の一つですね。

歩きながらのPokemon GOは超危険

移動中も起動しているとふいにポケモンが現れたりするので、画面を注視します。周りは一切見えなくなります。カメラを構えるので、アーリーアダプターなこの数時間は盗撮に間違われるかもしれません。捕まえるときに急に立ち止まることになるので、後続がつっかえます。諸外国(特にアメリカ)で起きている事件・事故につながるのもおかしくないです。日本でもPokemon GO関連の事故は発生するでしょう。あとの懸念は、日本より外国のほうが、子どもだけでの出歩きはきつく制限されていたり、そうさせないようにしていると思います。日本の場合は、子どもだけで遊びに行くということも多いので、Pokemon GOを釣りとして誘拐や重大な事件につながるリスクも大いに考えられますので、ここはしっかりと「さすが日本」といわれるような策を考えなければいけません。

もう少し続けてみようと思います

初回起動からまだ2時間ほどしかたっていませんので、もう少し通勤のタイミングや休日お出かけしたときなどにも、Pokemon GOを起動してどうなるかやってみようと思います。社会現象までなったPokemon GO、今後やるやらない限らず、一度触れてみるといいと思います。大容量のポータブルバッテリーは必須です。モンスターボール型のモバイルバッテリーも発売されたとかされてないとかなので、検索してみるのはいかがでしょうか。

そして、流行語大賞はこれで確定ですね。

 

カテゴリ : App

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.