2016.1.26

Review – Maker’s Watch Knot を1日つけてみた感想

Review - Maker's Watch Knot を1日つけてみた感想

前に、ここの時計を買いました。と言うことで投稿しましたが、そのときにはどのフェースとどのストラップの組み合わせを購入したかということはお伝えしていませんでした。早速購入翌日1日この時計をつけて過ごしてみたので、その感想も合わせてレビューしたいと思います。

私が選んだパーツたち

私が選んだフェース

フェースは、SILVER_WHITE_BLUE STEELを選びました。14,000円(税抜)

選んだ決め手

これまで白いフェースの腕時計を持っていなかったというところと、文字盤に数字の数字がシンプルでありながら、スタイリッシュなところ。針がメタリックなブルーなのは、ちょっと珍しいかなというもの。

私が選んだストラップ

ストラップは、NAVY TOCHIGI TRADITIONAL SHAPE(バックルカラー:SILVER)を選びました。4,000円(税抜)

選んだ決め手

フェースの針にブルーが入っているので、そことの統一感をはかるために、レザーでブルーのストラップを選びました。もう1つ青いレザーのストラップがあったのですが、少し青が濃いめの青だったので、少し落ち着いた発色をしているものにしました。栃木レザーの商品も初めて身につけることになりました。

ストラップを取り付けましょう

購入すると、オシャレな箱にパッケージングされますが、このときフェースとストラップはバラバラで箱に詰められます。ですので、買った翌日につけるときは、フェースとストラップの取り付け作業が必要です。

時計職人ではないので良くわからないのですが、こういう取り付け・取り外しって非常に細かい作業だと思います。パーツも小さかったり、細かったり、ピンポンチのような特殊な工具が必要だったりとハードルが高いイメージです。

安心してください、簡単ですよ。

ですが、このKnotの時計は、フェースにストラップを取り付けるのは簡単です。誰もが簡単にセルフで付け替え可能なEASY LEVERと、KnotのWebサイトでも書かれています。

ストラップを裏向きにします。時計と合体する側の両サイドに小さなピンが出っ張っています。まずは片方のピンでっぱりを時計側のホールにはめます。反対側のでっぱりは小さいレバーで上下する仕組みになっています。ここがEASY LEVERの大きな特徴です。小さいレバーを下げ、でっぱりを引っ込め、時計側のホールに合せて、レバーを戻します。うまくはまれば、時計にストラップは取り付け完了です。

ストラップのデザインにもよりますが、留め具側ストラップと穴が空いているストラップの2回行いました。

お店に行ったときに、サンプル同士を組み合わせて時計選びをするので、その時にも教えてくれます。KnotからEASY LEVERを紹介する動画もありますので、そちらも確認してみてください。動画も貼れそうなので、貼っておきます。

ようやくレビューします

まずは付け心地・★★★★☆

この時計をつけて、1日過ごしましたが、まるで腕時計をしていないかのような軽さと、栃木レザーの質感なのでしょうか、手首が締め付けられている感覚がまるでありません。時計を付けていることを忘れてしまいそうな付け心地です。レザーのストラップの初おろしだったので、ちょっと堅くてつく棒が穴に通しにくかったですが、ここは使い込むことで、柔らかさと使い込むことで表れる革特有の質感になることでしょう。期待を込めて星4つです!

見やすさ・★★★☆☆

時計は時刻がわからなければ時計ではありませんね。ただのブレスレットです。今回の組み合わせは白フェースの青い針ということで、コントラストがはっきりしています。針は結構細くて見にくいのではないかと思いましたが、そんなことはありませんでした。一瞬だけ手首をちらっと見たときでも、瞬時に時刻は把握することができます。ちょっと難点としては文字盤です。文字盤はシルバーなので見た目はとても映えます。ですが、シルバーの光沢が、明かりを反射して、まぶしい角度になってしまうこともあるので、そこは小さい減点ポイントです。星3つにします。

オシャレさ・★★★★☆

フォーマルな服装でも、カジュアルな服装でも似合うと思います。今回はくすんだ感じの青のストラップを選びましたので、これを軸に服装のワンポイントを合せていく、コーディネートしていくなど幅の広がりと30手前の男性として箔がつくのではないかなという期待を込めました。カジュアルの場合は、日曜日にオシャレな街にお出かけするときのかっこなら全然アリです。さすがにスウェット上下にこの時計は不釣り合いですが、そんな恰好でお出かけしません。コンビニまでが限界です。星4つです。

価格・★★★★★

これで税込で約2万円ですので、全然安いです。組み合わせによって、金額は多少上下しますが、2万円で購入できる時計の中では、かなり上位クラス。しかも全て Made in JAPANなので、そういう品質・アフターフォローにも期待できます。ほかのストラップ・フェースがパーツ単位で買えるので、追加購入して、組み合わせの幅を広げることもできます。ストラップも3000~5000円くらいなので、まぁ服一着買う感覚で行けると思います。

まとめ

  • 総合評価は★★★★☆にします。使用感が出たときの期待を込めて
  • 自分でお気に入りのパーツを組み合わせ作る時計だから損しない。選んでいるときから楽しい!
  • 2016年初の衝動買い、とてもいい買い物でした。
 

カテゴリ : 買い物

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.