2016.1.25 2016.1.27

Maker’s Watch Knot という国産腕時計のお店を知っていますか

Maker's Watch Knot という国産腕時計のお店を知っていますか

今日は、寒い中、午後から買い物に行きました。その時に妻から「吉祥寺にいい腕時計のお店があるから、見に行けたら行ってみたい。もしかしたら買うかも」と言われました。恥ずかしながらこのお店のことは、今日、この一言を聞くまで全く知らないお店でした。

Maker’s Watch KnotというMADE IN JAPANの腕時計を販売しているお店

今日の予定的に、神田と神楽坂に行く買い物だったので、正直無理かなと思っていたのですが、殊の外サクサクと進み、神楽坂から吉祥寺までは電車で乗り換えなしで行けるので行くことにしました。 Maker’s Watch Knot の事前情報は、北欧デザインのようなフェースであることと、そんなに高くない。の2つの情報のみです。

Maker’s Watch Knotの所在地

大きなユニクロの左の道を進んでいきます。外を歩くのはちょっと厳しい今日の寒波なお天気。OSHMANSとかGraniphを抜けてまっすぐ歩いて行くと、右に曲がらなければいけないところで、立て看板が置いてあるので、そこを右に曲がります。周りはもう住宅地で民家が連なるのですが、そのなかに忽然と現れるのが、この腕時計のお店です。

窓から中をみると結構な人。普通に入ろうとしたら、外でお待ち下さい。とのこと。一人が座っていましたが、まさか並んでいるとは思いませんでした。そこまで大きくはない店内。その店内の真ん中に大きなテーブルがあり、そこに他のお客さんがなにやらゴソゴソと時計を探しています。10分くらい待って、いざ店内に。初めて入ったお店なので、説明を聞きます。

納得の仕組み

説明を聞いて、他のお客さんが真ん中のテーブルに集まっている理由がわかります。このセンターのテーブルに、フェースのサンプルと各種バンドのサンプルが陳列されており、それぞれを好きなように組み合わせて自分好みの腕時計を1本創り上げるわけです。

なんとなくカジノのルーレットをやっているかのような雰囲気です。気になるフェースとバンドをあーでもないこーでもないと合わせながら、腕につけてどんな感じになるかチェックする。それをお気に召すまでみんな続けるのです。

ちょっとはずれの場所にあるので、ここに来るお客さんの大半は購入して帰ります。ここにふらっと来てウィンドウショッピングをするというよりも、おめあての腕時計のお店に、狙いを定めて来店しなんとしてもお気に入りの組み合わせを見つけ出し買って帰るというポテンシャルの人が多かったです。

すべて国産ということもあり、品質は高く、値段が安いです。バンドも栃木レザーのバンドもありますし、一つ一つ丁寧です。よくある、仕入れからのフローにより、ちゃちいのにまさかの高額ということではなく、生産から販売までの中間のフローを取っ払うことで、安い(ちょうどいい)価格でいい腕時計が買えます。

私も真剣に選びました

ほんの数時間前までその店のことを知らなかった人間が、いま腕時計を買おうとしているのです。お気に入りの組み合わせを見つけて、栃木レザーのブルーのバンドに、長針短針がちょっと珍しい、メタリックなブルー。すごい青々しているわけではなく、光に当たると「あ、青いな」と分かる位のさりげなさ。

スタッフにお伝えし、お会計:フェースが14000円、バンドが4000円の5%引き(初回特典かな?)。税込にしても20000円いきませんでした。衝動買いでしたが、非常にいい腕時計を買うことができました。2016年からの主力腕時計の一つですよ、これ。

組立てと買った腕時計の写真と使い心地については、もう遅いので写真撮れ〜ずで、恐れ入りますがちょっと別の時に更新しようと思います。

 

カテゴリ : 買い物

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.