2018.5.21 2018.5.22

香港のAIRSIMが届いたのでさっそく開封と初期設定をします

香港のAIRSIMが届いたのでさっそく開封と初期設定をします

台湾旅行のために、香港の通信会社が出している新しく世界90ヶ国以上で使えるブリペイドSIM、AIRSIMをAmazon経由で購入してまして、昨日自宅のポストに投函されていました!早速開封して初期設定を行って触っていきたいと思います。

AIRSIMの開封から内容物の確認

Amazonの仰々しい箱にポツンと入っているのではなく、シンプルに封筒に入っていました。

封筒からAIRSIMを取り出しましょう

内容物も至ってシンプルです。カードケースの中に、

  • AIRSIM本体
  • 説明書
  • SIMを抜くピン

これが入ってました。すごく嬉しかったのは、SIMを抜くピンが入ってること。iPhoneやiPadユーザーは必須のアイテムですから。最近はめったにないですが、SIMを入れ替えるの前提で海外旅行に出るというのに、すっかり忘れて焦ったこともあります。セットになっているので、とりあえずバッグにガサッと入れればOKなので嬉しい限りです。

ちなみにこのカードケースにも、SIMを保管するためのポケットがついています。入れ替えて取っておかなければいけないSIMカードもちゃんと保管できます。とても丁寧!

次に進んでいきましょう。

アプリをインストールして初期設定します

用意するものは、AIRSIM本体と前にも紹介したAIRSIM ROAMアプリです。

AIRSIM ROAMアプリのダウンロード

まずはAIRSIM ROAMアプリをスマホにダウンロードします。ダウンロードしたらそのまま起動します。

アプリを起動して初期設定

ここからは私がiPhone持ちなのでiPhoneのスクショを使って説明していきます。

基本英語で日本語対応はしてないですが、手順は簡単なのでなんとかなります。

こちらが初期画面。

15桁のIDを入力して次に進みます。15桁のIDはAIRSIM本体の裏面に記載されてます。カメラでIDを読み取ることもできます。周りが暗いとちゃんと読み取ってくれないかも。次の画面に遷移すると、

アクティベーションコードには、本体の裏側に記載されている4桁のコードを数字で入力。メールアドレス、国内での連絡先を入力して送信。これでSIM情報をアプリに登録できました。

オッケーってされてます。とりあえず私の場合は10USドルが既にトップアップ(チャージ)されていました。自分のアカウント番号と、使用期限、トップアップされている金額がちょろっと見えていてあとはメニューですね。購入価格が1,500円程度だったので、現在のレート換算でも1,100円程度がチャージされてる状態。なんかお得。

今回行く国の通信料を確認してみましょう

今回、台湾旅行目的で購入だったのでとりあえず台湾から。他にも国と料金がズラーッと出ています。国旗好きも楽しめるアプリです。

1日あたりの料金がUSドルで表記されています。残念ながら日本円表記はないですが、レート換算して考えていきましょう。

1カ国だけではなく複数の国をまたいで使えるプランもあります

東南アジアやヨーロッパなどでは1カ国集中ではなく、複数の国をまたいで旅行することもあります。そういう方のために、複数の国をまたいで使えるプランもあります。COMBOというメニューを開くと出てきます。

香港の通信会社なので、香港・マカオと中国みたいなプランが多いですけど、ヨーロッパ40カ国とか南米とか、割と充実してますね。

表示されている価格に注意!

国を選び、次にプランの選択画面になったときに表示されている金額が違うことに気づくと思います。

この画面では24時間で2.99USドル。リストに表示されている金額は1.36USドルでした。リストでは1日あたりの最安値を表示してますね。おそらく30日間使えるプランを選択したときに、日割り計算で1日あたりの通信料が、その価格なんでょう。プランの選択時はしっかり金額をチェックしておきましょう。

ちなみに3泊4日で行く台湾の場合は、


5日プランを選択して6.99USドル。

1日あたり約1.4USドル。日本円で1日154円ほどでした。それでもまあ安いんじゃないですかね?1日もったいないけど、ジュース1本我慢します。

次に、音声通話の利用を問われます。

電話しない、かかってこないので必要ありません(Do not need)を選択。

利用開始日を指定してAdd to Cartしましょう。

決済するか、あとにするかダイアログが出るので、決済しちゃうならCheckoutを、あとでするならLaterを押します。

チャージ額が不足したらトップアップしましょう

下のメニューからトップアップを開いてトップアップしましょう。トップアップとはチャージのことです。

入金額を指定して、

カード情報を入力してポチッと。これでトップアップは完了です。簡単。

トップアップの金額が20USドルからなので、ちょっとまとまった額になりますね。自分で指定した金額を入れられると便利だと思うなぁ。

早く現地でAIRSIMを使ってみたい

ひと通り、旅行出国前に操作するであろうAIRSIMの初期設定から通信料の購入までを説明してきました。設定していると早くこのSIMでの通信をしてみたいです。まだ5月の半ば。釜山旅行までまだ日数ありますし、台湾も約1ヶ月後。待ち遠しくなってきました。そして、はやく使用感のレビューもしたいです。

 

カテゴリ : App旅行

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.