2016.3.9 2016.3.11

フィンランド エストニア スウェーデン 1年前の北欧旅行を振り返る – フィンランド編

フィンランド エストニア スウェーデン 1年前の北欧旅行を振り返る - フィンランド編

フィンランド エストニア スウェーデン、この3カ国に、2015年3月6日から13日の7日間、新婚旅行で行っていました。この時間はフィンランドの現地時間では夕方くらいですね。その日は旅行3日目だったので、フィンランドから船で2時間ほどでいけるエストニアでタリンの旧市街を散策していた頃だと思います。

この旅行は、初めてのヨーロッパ・初めての北欧でしたので、それはそれは思い出深い7日間でした。記憶の限り思い出してみようと思います。

フィンランドでの思い出

フィンランドの第一印象

フィンランドは、ヘルシンキに滞在しました。空港からヘルシンキ市街まで行くときに乗った、バスの中から、ヘルシンキは自分に合った街だなという印象でした。都会過ぎずかつ田舎過ぎないちょうどいい感じ。人もうじゃうじゃいないので新宿駅や渋谷のような息苦しさもなく、のびのび生活できそうだなという感じでした。

あと、もう道行く人のスタイルのスペック高すぎて、トラムを待つときに、横に並ばないでほしいくらいの高スペック。そして、シンプルな恰好が似合うこと似合うこと。黒を身にまとい、朝バナナをほおばりながら歩いているだけなのに、様になるんです。ずるいよね。

フィンランド 食事編

ヨーロッパのごはんはあまりおいしくない。といいますが、全くそんなことなかったです。サーモン、うまうまー!ニシンの酢漬け、ウマー!味付けは結構がっつりしていますが、美味しかったです。特にホテルの朝食からもりもり食べてました。さすが北欧というのは、乳製品が豊富で安くて、ヨーグルトも美味しい!チーズは私は苦手で食べてないのですが、美味しい!食べれないのもったいないと言いながらたくさん食べてました。こういう時悔しい思いをしますね。

食事をレストランで行う際は、少々お高めの予算になります。安く抑えたいというとき、重宝したのがスーパーマーケットのサラダバーでした。

自分であらゆる野菜から、好きなものを好きな分量だけ選び、パックに詰め、重さを量り、レジで会計。1000円いかない程度で、旅行中不足になりがちな野菜をもりもり食べることができます。それでいて、スーパーなので、他にもちょっと食べたいなというときは、買えばいいですし、レストランが早い間に閉店となったとしても、それに比べれば遅い時間までやっていますので、うっかり晩ごはんの時間ミスったという場合でもなんとかなります。

あとはよく、コーヒーを飲む機会が多かったです。コーヒー好きなのでがぶがぶ飲んでしまうのですが、気を付けなければいけないのが、そのあとです。

日本のようにトイレがいろいろあるというわけではない

コーヒー好きな人ならわかると思いますが、利尿作用か活発になりますので、トイレにいつも以上に行きたくなります。そしてこの時期のフィンランドは、まだ春めいているわけでもなく、寒いです。ということで余計にトイレが近くなります。

しかし、日本のようにコンビニに行けばトイレ借りられる。日本のように百貨店のトイレは無料でキレイ。公衆トイレもあるよね。というわけではなく、本当にトイレがありません。大きなショッピングセンターなどに行けばもちろんあるのですが、それ以外でトイレを貸してくれるところもないですし、そもそもトイレがどこにあるかよくわからないまま街の中をさまようことになります。私も異国の地でやってしまうところでしたが、なんとかつたない英語力とGoogle翻訳の助けを借りて、粗相せずに済みました。

フィンランドで買い物するなら!

フィンランド、ヘルシンキで買い物するなら押さえておきたいのは、Marimekko(マリメッコ)Iittala(イッタラ)です。

Marimekkoは本社にアウトレットもありますし、平日であれば社員食堂でごはんも食べられます。ヘルシンキ市街からは少し離れますが、行く価値ありですよ。私も女性用ではありますが、27.5cmのマリメッコとコンバースのコラボのハイカットのスニーカーを定価の半額で購入しました。

IIttalaもちょっと郊外にアラビアとイッタラのファクトリーアウトレットがあります。ここでも安く両ブランドの食器・グラスなどが購入できます。割れ物になるので、持ち運びがちょっとシビアになりますが、せっかくの機会なので、手荷物で持って帰れるくらいのボリューム買い込むのは全然アリです。オリジナルのマグカップは少し高かったけど、買って損はなかったです。今もそれでコーヒーを自宅で飲んでます。

あとヨーロッパは免税もしっかりしています。GLOBAL BLUE のステッカーやアイコンがあるお店で、一定条件のお買い物をして、ちゃんと手続きを行えば、多少の金額は帰国後に還付されます。ただし現地での手続きが完了するまで買った商品の封を、絶対に開けてはいけません。絶対に!!

まだまだ書きたいフィンランドのこと

まだまだいろんなことがあったので、書きたいです。カジノなスロットがありとあらゆるところにあることとか、トラムの便利さとか、地下鉄のよくわからなさとか、SIMが買いやすかっただとか、もう毎日が1時間1時間が楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。行けることなら、今すぐにでもフィンランドにまた行きたい。今の季節でなくても、夏で超長い昼を感じてみたり、逆に真冬に行って寒さと夜の長さを体験してみたりと、ありとあらゆる場面のフィンランドを体験してみたいです。

それでは、次は軽くエストニアについて振り返っていこうと思います。

 

カテゴリ : 旅行

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.