2017.11.2 2018.3.2

空港から鉄道でヘルシンキ市街 に向かってみた

今回の旅行は、特に現地添乗員がついているわけでもなく、ヘルシンキ市街に向かうには自力で何とかする必要があります。下調べもしているし、前回の経験もあるので、特に問題にはしていませんが、前回、ヘルシンキに旅行したときには開通していなかった 空港から鉄道でヘルシンキ市街 (ヘルシンキ中央駅)を結ぶ鉄道に乗車して向かうことにしてみました。

到着ロビーからプラットホームまで

9時間半のフライトと入国審査を終えて、出口の扉を開くと到着ロビーが広がります。ここから鉄道のホームまでは、ひたすら歩いて向かいます。到着ロビーからプラットホームまで、迷ってしまいそうだと思う方も心配ご無用。空港の案内板にしつこいほど、電車のマークがついているので、その矢印に沿ってただひたすら歩いていけばたどり着きます。到着ロビーからプラットホームまでは徒歩5分くらいの距離、そして地下にプラットホームがあるので、エスカレーターで深く深く潜っていくというルートです。

空港から鉄道でヘルシンキ市街 に向かってみた
この電車のマークについていきましょう。

駅のホームに改札はない

おそらく初めてヘルシンキ・ヴァンター空港に降り立ち、この鉄道に乗車したことがある人は違和感を覚えたかもしれませんが、改札はありません。日本の鉄道に慣れていると当然のように、SuicaやPASMOを自動改札にタッチして「改札を通る」行為をする必要があります。なので、歩いていたらいつの間にかホームに着いたことに「あれあれ?」と違和感を覚えると思いますが、これが普通なんですね。

キセルし放題じゃないか!と思ったかもしれません。確かにキセルし放題ですが、バレて多額の罰金を払う覚悟ができていればまぁスリルを味わってみるといいかもしれませんね。ちゃんと券売機がありますので、そちらで乗車券を購入しましょう。片道大人で5ユーロです。カード決済しかできない券売機もありますが、カードの方が決済がはやく済みますし、コインの処理にあとあと厄介なことになることを考えると、カード決済がおススメです。

実際に電車に乗る

チケットを買ったら、空港からいよいよヘルシンキ市街に向かいます。ホームには2線ありますが、どちらもヘルシンキ中央駅にいく路線です。どちらの電車に乗っても所要時間は30分程度で到着します。早くきた方に乗ればいいと思います。

駅と駅の間隔は、だいたい3〜5分程度、都内で電車に乗る感覚と同じ感じです。今回の乗車では車窓はとりませんでしたが、田舎すぎず都会すぎない、のどかな車窓を眺めることができます。途中の駅では、ショッピングセンターに直結する駅もあるので、ヘルシンキ中央駅と空港だけを結ぶためだけの路線ではなく、生活路線としても力を発揮しています。

空港から鉄道でヘルシンキ市街 まで乗ってみての感想

空港からヘルシンキ中央駅にいく交通手段は、電車の他にもバスとタクシーがあります。いずれも確実にヘルシンキ市街に向かいますが、渋滞や道路状況によっては、時間が予定よりも多くかかることがあるかもしれません。そのぶん電車で移動した方が、バスよりは少し安く上がりますし、時間も遅れることなくほぼダイヤ通り運行してくれるので、その後の予定もきっちりできることと思います。




 

カテゴリ : 旅行

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.