2016.4.21

生活習慣 が引越しで劇的に変わった

生活習慣 が引越しで劇的に変わった
もうすぐ新居へ引越してから1ヶ月になろうとしています。賃貸物件に住んでいたときは、ワンルームだったり1Kだったりと、わりとコンパクトな部屋で、ベッドの上が生活の拠点となっていました。家に帰ればゴロゴロゴロゴロ。寒かったらふとんに潜ってぬくぬくと「だらしない」と言われる典型的な 生活習慣 を送っていました。

しかし、引越してからというものの、規則正しくなったと、妻から言われました。私も意識していることもありますが、ここまで環境の変化が生活習慣までも変化させるのかというところを紹介しようと思います。すべて実体験です。

生活習慣 私的劇的変化一覧

起きる時間が20分はやくなる

前の家から今の家に引越したことで、通勤時間が倍になりました。乗り換えもあります。必然的に起きる時間がはやくなります。あとは自分の朝のルーティンを乱したくないので、起きる時間を調整するしかありませんでした。引越し完了翌日から仕事だったため、急に起きる時間が変わることで、最初の1週間は朝の眠たさたるや、尋常ではなかったですが、いまはもう慣れています。

夜にちゃんとお風呂に入るようになった

風呂が狭いと風呂に入りたくならないものです。シャワーは毎日浴びていますが、寝る前より目覚めもかねて朝に入っていました。それが引越しを境にちゃんと寝る前にお風呂に入り、すこし湯船で寝ちゃったりもしてますが、さっぱりした状態で眠りについています。

ベッドの主からの脱却

ワンルーム・1Kの広さの部屋だと、生活するスペースと寝るスペースが同じになってしまい、自然とそこが拠点になってしまいます。そうなると、その拠点からほとんど動かない生活になります。ベッドの上でゴロゴロ、寒いから布団にもぐってゴロゴロ。といった感じです。それが引越しを境に、寝室が分かれましたので、必然的にベッドでゴロゴロするためにわざわざ寝室に行くこともなくなりました。リビングでは、ソファに座りっぱなしの時もありますが、ダイニングで椅子に座って、ちょっと細かいことをしてみたりと、家の中で動くようになりました。

日付が変わる前に眠くなった

朝起きる時間が20分だけ早まったこともあるのでしょうか。規則正しい生活に矯正されているからか、仕事が忙しいだけなのか、日付が変わる前にとてつもなく眠くなります。そのままソファで寝てしまうこともありました。寝るときはベッドで寝ましょう。

ツムツム・Minecraft PEを長時間やらなくなった

ゴロゴロしているからか、どうしてもスマホをたくさんいじってしまいます。引越しのときから、そんなゲームする余裕がなくなったということもありますが、家に帰ってからツムツムやMinecraft PEを立ち上げる機会が減りました。おかげでハートのやりとりも少なくなりましたし、プレミアムツムをゲットする機会も減りました。

ヨガや筋トレをやるようになった

生活スペースが狭いと家での運動もやりにくいものです。リビングにまだ余裕があるので、テレビでYouTubeを起動して、見よう見まねでヨガを始めました。夏までにコアをしっかり鍛え上げて、魅せられるカラダに仕上げていきたいところです。筋肉痛が来ていると安心するおかしな日常にもなりつつあります。

まとめ

とにかく、だらしない生活の顕著に表れていた部分が、引越しを境に規則正しくなり、意外がられたというところでしょうか。引越して1ヶ月でやっと家に帰ると落ち着く空間になってきました。あとは、汚さず。モノも多くならないようにしていくことです。

 

カテゴリ :

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.