2018.5.11 2018.5.14

【台湾旅行】航空券とホテルを予約する流れ

さっそく台湾旅行の準備編を書いていきます。まずは航空券とホテルの予約をしないと台湾にも行くこともできない、台湾に行けたとしても初めての海外旅行者を野宿させることになります。

【台湾旅行】航空券とホテルを予約する流れ

台湾旅行のツアー検索で相場を下調べ

行きたい場所が決まっていて、旅行の計画を立てる場合の私の最優先事項は旅行代金です。
まずはその相場を調べるために、とにかくツアー検索サイトを調べます。今回調べたサイトは、

の4サイトです。エイチ・アイ・エスは、エイチ・アイ・エスが企画するツアーパッケージですが、残りの3サイトは各旅行会社のツアーをまとめて掲載してくれています。

相場観を調べるために、出発地と到着地(行き先)、日程を絞り込んで検索します。

空港の指定はしない

出発地と到着地を入力する際、空港名を入力するのを求められますが、空港を限定してしまうと検索結果が余計に絞り込まれてしまいます。

東京の場合は、羽田空港か成田空港のいずれかで指定するのではなく、羽田空港も成田空港も一緒に検索結果が出るように選択しています。

検索結果を安い順に並べ替えて上から順番に旅程の詳細を見る

出発地、到着地、日程を入力して検索した結果は、必ず安い順に並べ替えます。安いにこしたことないし、お得に旅行したいですね。並べ替えたら、上(一番安いツアー)からツアーの詳細を見ていきます。

詳細情報えチェックすべきポイント

詳細ページを開いたら必ずチェックする箇所は、

  • 日本を出発する時間、現地を出発する時間
  • 使用する航空会社
  • 宿泊するホテル(ホテルクラス)
  • 送迎オプション有無

この4つです。日本と現地の出発する時間から、簡単に現地での滞在時間を計算します。あとは、体力的にタフにならないかを確認します。3泊4日といえど、日本が深夜出発で現地が早朝出発となると滞在日数的には2日間なので、損した気分になります。

航空会社も要チェックです。LCC便の場合は、荷物の制限もありますし、安いけど先ほどのようにスケジュールがタフなものが多いです。

ホテルは、どんな部屋かというより、どのエリアにあるかです。現地でも効率よく観光や移動をしたいので、空港からどれくらいのアクセスか、中心地からどれくらいのアクセスかを見て回ります。

最後に送迎オプションの有無ですが、私はない方がいいです。あると確かに空港から中心地までの移動は楽になりますが、台湾や韓国は特に、送迎の途中にお土産屋さん立ち寄る場合があります。興味ない人は、そこで特に用事も買うものもないし、時間がもったいないので、できるだけ送迎オプションのないものを探します。

ツアーの中にいいものがあれば問い合わせ

基本ツアーで検索しているときはいいプラン無いなーという気持ちで調べています。その中
条件に合致したツアーを見つけ出したら、すぐに問い合わせをします。旅行は早い者勝ちです。どうしようか迷っている間に空席はどんどん埋まっていくと思っていた方がいいです。その場でオンライン予約ができるなら了承を得て予約しちゃいましょう。

いいツアーが見つからなかったら個人手配に切り替える

ツアーでいいのが見つからなかったとき、もう少し調べたい時などは個人手配に切り替えて、航空券とホテルを検索します。

航空券を探す

航空券を探すツールは、まず外せないのはSkyscannerです。これはテッパンです。検索のしかたはツアーと同様です。乗り換え回数や使用したい航空会社、出発したい時刻などの細かい条件検索も可能です。

今回は初めての海外旅行をするということなので、LCCは選択せず、極力フラッグキャリアを中心に検索しました。
Skyscanner以外のツールでは、Skyticketの海外航空券検索や、ホテルの検索でも使いますが、Agodaの航空券検索が中心です。1回の検索で各旅行会社や格安チケットサイトの情報を見ることができるのでいいですね。

ホテルを探す

ここで一番使うツールは、最近ナタリー・エモンズの日本語が上手になった、Trivagoです。料金もさることながら地図検索で価格と立地、口コミ評価とホテルクラスを一挙に調べられるのでいいですね。

あとは、Booking.comやエクスペディア、先ほども出ましたがAgodaを使います。いいなと思ったホテルを、別ツールで調べ直して念のため価格調査をしたりもします。

航空券が先かホテルが先か

セオリー通りにやるのであれば、航空券から予約した方がいいと思います。まずは旅行先に行ける手段を確保してから滞在先を決める方が精神的に安定すると思います。

今回の台湾旅行では、私はホテルの予約を先に行いました。立地もよく値段も安いホテルで、内装も新しく清潔でした。それよりもキャンセルが直前まで無料で行えるというメリットがあったので先に予約しました。

もう一度言いますが、航空券を先に予約した方がいいです。

航空券ホテル探しのとき事前に準備しておきたいもの

事前に準備しておきたいものは、以下の4つです。

  • 旅行者のパスポート情報(全員分)
  • 旅行者の生年月日(全員分)
  • クレジットカード情報
  • マイレージ番号

その理由を簡単に紹介します。

旅行者のパスポート情報

特に航空券を予約するとき、ツアーを予約するときにパスポート情報を入力するように案内されることがあるので、いいと思ったのに予約時にパスポート情報がなくて先に進めない!それを待っている間に埋まってしまったというのは心苦しいですね。

旅行者の生年月日、名前のスペル

航空券もそうですが、ホテルの予約でも生年月日を入力することがあります。あと英字での名前も確認しておくといいです、できればパスポートと同じスペルを教えてもらうといいです。「おおた」さんなどはとくに、Otaなのか、Ootaなのか、Ohtaなのかひとそれぞれです。

スペルが1字でも間違っていることで飛行機に乗れない、ホテルに宿泊できないというトラブルにつながることもあります、ちゃんと確認しましょう、

クレジットカード情報

オンライン予約時にクレジットカード決済が一般的です。カード番号をいちいち記憶していることもないと思うので、予約するだろうなというときに、財布を横に置いておくと決済する時に、慌てて財布を探す手間がなくなります。

マイレージ番号(あれば)

航空券の予約時に、一緒にマイル登録することも可能なので、マイレージ会員であるか、そうであればマイレージの会員番号を聞いておくと旅行後にマイルの事後登録する手間がなくなります。

航空会社がどの航空団体加盟しているかも要チェックです。航空団体が一緒なら、提携航空会社のマイルもつけることができます。ほんと便利です、。ちなみにJALはワンワールド、ANAはスターアライアンスです。

しっかり調べてお得に海外旅行

旅行の手配ってなんか面倒くさいなと思うことがあるかもしれませんが、これから行く楽しみ、予約時の小さな興奮、手配してくれた感謝をもらえるなど、メリットはたくさんあります。

ぜひ、友人や家族との旅行をするとなったら、積極的に手配してみましょう。旅の楽しさが倍増すると思います。

 

カテゴリ : 旅行

タグ :

雑記日記 zakki-nikki.net all rights reserved.